書かなければよかったのに日記

古本屋 雲雀洞の入荷情報とかたわいない話など

GWの日記

たまに更新しないと失踪したと思われるのでGWの日記でも書きます。こんばんは。

NFLドラフトでブラウンズは無事マイルズ・ギャレットを指名。とりあえず今シーズンは、去年よりは楽しめそうです。

ドラフト後、組合の市場でNFLオタク(コルツファン)のAさんが僕のそばに寄ってきて「マイルズギャレットマイルズギャレットだって。つまんねー。ククク・・・(笑)マイルズギャレットマイルズギャレット・・・」とブツブツ言いながら去っていきました。謎な人です。

 

 

 

4月29日(土)

19時過ぎ、ちょっと遅れてへそまがりのライブへ。佐立努さんとZOUさん。どちらもとても良かった。ZOUさんからへそさんに送ったお手製へそまがりハウス。バス停、看板、貴乃花時計など局地的にフィーチャーしてる感じが面白い。

ライブ後、出演者お客さんと車座になってお酒を飲んでダラダラおしゃべり。いかにもへそまがりっぽくて楽しい。閉店までのあと2回のライブは行けないので「ああ、これが最後か」と一人しみじみしたり、石井さんがZOUさんのギターを勝手に弾きだしてヒヤヒヤしたりした。

短い間でしたが、へそまがりでは楽しませていただきました。ありがとうございました。

一足お先に失礼して23時の最終バスを待つが、15分過ぎてもこない。20分過ぎて祝日ダイヤでとっくに最終は出た後だと気付き、トボトボと地下鉄に向う。今まで何度も終バスを逃してきたが最後もやってしまった。

 

4月30(日)

祖母の四十九日で大宮へ。祖父のお墓に納骨。祖父の時は、明らかにカタコトの住職がやってきてお経をあげていたが、今回は海老蔵似のイケメン住職にお経をあげていただく。「ここはお坊さんのバラエティが豊富なのかしらん?」と考えてたら、ふと、「お葬式」の笠智衆を思い出し吹き出しそうになる。あの映画の笠智衆は最高に面白かった。

不忍の一箱に間に合いそうだったので、駅のトイレで着替えて西日暮里へ。

特養ホーム谷中、山川直人さん、幻影文庫さん、レインボーブックスさんにご挨拶。

レインボーさんからはフリーペーパー「七色新聞」をいただく。「1枚20円」と冗談にしてはナマナマしい金額を請求されたので、じゃあいらないと言ったらただでくれた。一箱愛に溢れたフリーペーパー。一箱に250回以上参加して、これだけ純粋に楽しめるなんてうらやましい。

往来堂書店前で脳天さんに新橋のお礼。

途中、古書現世の向井さんご一行とすれちがう。覚えてもらってたみたいでよかった。

タナカホンヤ前。ベランダ本棚さん。誰か気付くかな?と思いながらチラ見させて着ていた「DOSUKOI BOOKS」Tシャツに気づいていただき、うれしくなっちゃって、Tシャツをデザインしたひうち棚さんについて一人で勝手にベラベラ喋る。ごめんなさい。

ホテルグラフィー根津。ひな菊姉妹に気づかれずに、どうやってオモシロ登場しようか考えているうちに、速攻でヒナイモに気付かれる。しのばずくんの顔ハメをする。

f:id:hibarido:20170506211439j:plain

 

 

せっかくなので、開店以来ご無沙汰の「パン屋の本屋」にも足を伸ばす。

花田店長に、コンビニのレジ前に置いてあって衝動的に買ったもののお金を払ったとたん食べる気が失せたチュロスを差し入れに贈呈。お返しに、倉庫の奥から引っ張り出したチョコ、賞味期限切れのうまい棒もどき、残り物の販促グッズなどを押し付け頂戴する。一個のチュロスいらない素敵なお菓子に早変わり。わらしべ長者みたい。

へそまがりや仕事の話。「スペクテイター 赤塚特集」を買う。気になってた漫画家、川勝徳重さんの漫画が載ってた。

 

ドーナッツブックス山中さんと落ち合い、千駄木ハンバーガー屋で夕食。

仕事の話やレジデンツの話など。食後に注文したアイスコーヒーにストローが2本ささってるのを発見して、言わなきゃいいのについ「山中さん、ストロー2本ささってますよ」と言ってしまう。

山中氏カレーにスルー。

 

5月3日(水)

朝から自宅で作業。昼過ぎ倉庫、組合でザッと仕事を終わらせ急いで帰宅。ネット注文品を梱包して急いで郵便局に行くが、祝日で閉まっていて呆然と立ちつくす。また祝日にやられた。

 

5月5日(金)

朝、フリ市。初めてのパソコン作業にいっぱいいっぱいで何も買えず。

午後会館展の搬入。今回は新ネタたくさん。早川SF、ポケミス仏教民俗学系の新書、お城、貸本漫画、漫画ローレンスなど投入。脈絡のなさがひどい。

 

5月6日(土)

約2年半ぶりの山坂書房さんの新刊、東京コミティア参加とのことなので、会館展の店番のお休みをいただいて、朝からいそいそコミティアへ。東京ビックサイトの逆三角形の建物はいつ見ても、なんか落ちてきそうな気がして不安になる。

お久しぶりの山坂書房さんにご挨拶。新刊「漫画誌ヨット」を買う。お二人の新作が読めてとてもうれしい。

山川直人さんのブースで新刊「珈琲桟敷の人々」。

「ひと月十冊」メンバーの丸岡九蔵さんの「漂白市場 殺しの黒い花」と「酔酒場愚陀愚駄噺」。一昔前の少年マンガ高橋葉介とか望月三起也のユーモア路線の作品)みたいな雰囲気があって楽しい。

 

※丸岡さんといえば、「ひと月十冊」というイベントのレギュラー出演とポスターを描かれてます。毎回本の雑誌けものフレンズのパロディなど、面白いイラストを描かれていますが、今回もキてます。モデルは誰なんでしょうね。

 

f:id:hibarido:20170506234931j:plain

 

 次回はまろやかダンディー宮本君がゲストです。僕とか○ィードブックスさんが出てたころに比べて格段に面白くなってますので、ぜひどうぞ。

 

 

なんかいろいろ買い忘れてる気がするが、コミティアの人ごみがすご過ぎて1時間ももたず離脱。お昼は何にしようか、帰りの電車で横浜駅周辺のお店を検索。悩む。検討に検討を重ねた挙句、結局駅出口近くにあった中華料理屋に適当に決める。レジに肩肘ついてこちらを凝視するおばさんに気圧され、急いで味噌ラーメンと餃子を注文。嫌いな人に食べさせてあげたくなるほどまずい。

帰宅してコミティアで買ってきた漫画を読む。どれも面白い。「ヨット」は5回繰り返し読んだ。最近は仕事として本を読んでたので、こんなに楽しみながら本を読んだのは久しぶりな気がする。

 

夜、郵便受けに税務署から通知がきていたことに気付く。確定申告書に不備があったので直せと。3月に提出して、あと1年間は帳簿からオサラバできると思ってたのに・・・死ぬほどへこむ。通知を棚に放り込んで、今日は見なかったことにする。来週から本気出す。